音の森の授業について

音の森トップ >> 授業のご案内 >> 実技レッスンのご案内

実技レッスンのご案内

本気で「表現」に取り組むことは
「生きることそのもの」と言っても過言ではないほど奥深く、
多くのものを得ることができます。

人を感動させる演奏の要は、上手い下手ではなく頑張ってきたかどうか。
まだまだ上手に音が出せない幼児の演奏でも、一生懸命な姿、思いのこもった音に心を突き動かされることは幾度となくあります。とは言っても、楽器の演奏は上手に音を出せるまでに数年かかることも珍しくありません。

「どうやったらきれいな音を出せるのか?」という、終わりのない探究心と地道な努力が必要です。そうしてより良い音の選択を重ねていくことは、人生で求められる様々な選択にもつながるものです。
また、書いた分だけノートに残る学習と違って、いくらやっても目に見える形で残らない所が、音楽の練習の醍醐味と言えるでしょう。その日の練習の終わりは常に自分との勝負。納得、葛藤、妥協、挑戦。その繰り返しの中で、自分の心と向き合うことが求められるのです。

一曲を仕上げるごとに演奏家は成長していきます。練習の過程で得られる力は、正に「生きる力」です。
幅広い年齢層を受け入れる音の森の実技レッスンでは、そんな哲学を伝えながら、個々人の年齢や状況に応じた指導法で技術の向上を目指します。

ピアノ ピアノ ピアノ ピアノ

ピアノ

ピアノは、数ある楽器の中でも、最も身近で親しみやすいものです。鍵盤を押せば、初めての方でも必ず音を鳴らすことができます。オーケストラに匹敵する音域の広さを持ち、また一度にたくさんの音が出せるため、とても豊かな音の世界を見せてくれる楽器です。

音の森では、音楽を楽しむために必要なテクニックと感性の二要素を育てるため、初めは二種類のテキストを使い、レッスンを進めていきます。その中で、さまざまな時代の作曲家に触れ、自分にぴったりの1曲や、人生を大きく変えるほど心揺さぶられるような曲と出会っていく。そんな経験ができるよう、それぞれの進度に合わせ、たくさんの曲に触れる機会を設けています。

ヴァイオリン

ヴァイオリンは最もポピュラーと言える楽器の一つです。とても華やかで、繊細な音を奏でます。押さえる指の圧力や腕の動かし方、体の重心の置き方など、いろいろな要因が音の響きを変えていくので、一人一人の個性がよく表れる、とても楽しい楽器です。また、練習や演奏を通じたヴァイオリンという楽器とのコミュニケーションは、弾き手の心を豊かにします。

ヴァイオリンは特に基礎が重要な楽器です。音の森では、遠回りをせず、無理なく子どもたちが上達、成長できるようなカリキュラムを提供していきます。また、教本はクラシックを中心に集めていますが、コースによってはジャズやケルトといった、他のジャンルに通じる感性も育てていきます。

チェロ

あまり知られていない楽器かもしれませんが、クラシックファンには最も人気がある楽器の一つであるチェロ。アンサンブルはもちろん、ソロとしても名曲が沢山あり、低音から高音まで幅広い魅力的な音は、本当に語り手の様に人に問い掛けます。大きな楽器なので大人からと思われがちですが、16分の1のサイズからあるので、3歳くらいのお子様から始められます。

音の森ではチェロの豊かで奥深く、あたたかい音色を体感するところから始めています。大きな楽器を抱え、楽器と一体となりながら体全体で音楽を感じていきます。はじめからキラキラ星など誰でも知っている曲を練習し、曲を演奏する楽しさの中でチェロの技術を育みます。ソロでもアンサンブルでも楽しめるチェロ。その音色は一生感じるに足るものであり、そこから広がる人間関係も含め、子どもたちの人生を鮮やかに彩ります。

作曲

作曲というと、一部の人にしかできないというような、特別なイメージを抱かれがちですが、たまたま口ずさんだ歌だって立派な一つの作曲。自ら作品を創造して、音にする喜びは一度味わうとそこで確かな輝きを放ちます。

音の森では小さなお子様でも楽しみながら音楽を創造できるプログラムを提供していきます。まずは先生との即興演奏の遊びから自作自演を通じて創作に親しみます。そして並行して楽譜の読み書きや、音楽理論を咀嚼した教材により、音楽の仕組みの理解に繋げます。

クラシック音楽のノウハウをベースに、お子様の創造性に合わせ、ジャズやポップスはもちろん、ドレミの世界だけにとらわれない音のデザインのような創作もサポートします。

トップ